幕張の風

So-netブログ「From Makuhari~幕張の風」から移転しました。 仕事のこと、ニュースのこと、音楽のこと、野球はMarinesと高校野球中心に書きとどめたいことを書いて行こうと思います。

読み物

立て直し。

久しぶりの「読み物」エントリーです。 私の今のタクドラの仕事は、本当に時間がありません。私の勤める会社の場合ですが、3出番1公休のサイクルですので、出番の後の明け番は体調維持に必死で、睡眠時間の確保と、次の出番へ向けての体調調整でとても読書…

あまりに。

くだらないと、ついつい買ってしまうこの性格(笑) 通勤の途中で、HTCJからAmazonでポチり。 出ない順 試験に出ない英単語 作者: 中山 出版社/メーカー: 飛鳥新社 発売日: 2012/10/27 メディア: 単行本 ・・・こんなの、いったい何時読む時間があるって言うん…

いまさら。

本の出版からは8年、映画の公開も終わって、ちょっと“いまさら”ではありますが、今日の平塚への湘南新宿ラインの車内で、この本を読み終えました。 死にゆく妻との旅路 (新潮文庫) 作者: 清水 久典 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2003/08 メディア: 文庫…

ヤマダ電機でクルマを買おう。

先日のエントリーで仙台へ出掛けていたときは、取引先のとある団体の行事へ参加しておりました。 makuhari-windy.hatenablog.com このときに、メインイベントとして田中優さんの講演会が行われたのですが、その内容がとても面白くて、講演会のときに紹介され…

被写体。

久しぶりの本ネタですね(笑)でも、これは最近読んだ本ではありません。 たまたま、日経ビジネスオンラインの“超ビジネス書レビュー”で紹介されていましたので。 『被写体』は、あのひとの夫 ~「上から言われて」やってくる「敵」。不条理な闘いの結末は?…

暖かくて、安心な場所。

昨日、日経ビジネスオンラインの「超ビジネス書レビュー」で紹介されていた、漫画家・西原理恵子さんのこの本に、目が留まってしまいました。 サイバラ流人生論『この世でいちばん大事な「カネ」の話』~最下位には最下位の戦い方がある http://business.nik…

壁。

今更って感じがしないでもないですけど、この本が気になって会社の帰りに書店へ寄って、買ってしまいました。 最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版作者: ランディ パウシュ出版社/メーカー: ランダムハウス講談社発売日: 2008/06/19メディア: ハード…

野球の神髄。

“バット投げ。”のエントリーで知った伝説の打撃コーチ、高畠導宏(たかばたけ みちひろ)さんの生涯を綴った本、「甲子園への遺言」を読み終えました。 想像以上の読み応えでした。1冊を読み終えるのに、本を読むのは早いほうだと自覚している私でも充分に…

愛、深き淵より。

星野富弘さんの自叙伝、「愛、深き淵より」。 日曜日を2回使って、ようやく読み終わりました。 先日の“膀胱炎事件”で出会った星野さんですが、この本は電車に持ち込む勇気はありませんでした。そんなことをしたら、洞爺湖サミットで警戒が強化されている電…

久し振り。

私は、野球を本格的に始めたのは小学6年生からでした。実はその時にまず取り組んだポジションがキャッチャーでした。 ひとりで座って、チームの他の全員の様子を見る。ピッチャーの調子や相手打者の様子を見ながら、次に投げるボールのコースを変えてみる・…

ゆうき。

また、岡山で悲惨な通り魔事件がありました。犯人の少年は「誰でも良かった。人を殺せば刑務所に入れると思った」と言っているとのこと。 http://mainichi.jp/select/today/news/20080326k0000e040064000c.html 岡山突き落とし:18歳の殺人 深夜帰宅の県職…

もう、国には頼らない。

ワタミ社長の渡邉美樹さんの著書になる、「もう、国には頼らない。」読み終わりました。 もう、国には頼らない。経営力が社会を変える! (NB Online book) 作者: 渡邉 美樹 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2007/06/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) …

届きました。

以前のエントリーで勧められた、「戦争論2」買っちゃいましたよ。 今まで読んでいなかったのは、これ漫画だからで・・・。 でも、先入観というのは、何事にも良くないですね。 ちゃんと読んで見て思いました。小林よしのりさんの感覚は、これ読んで見ると私…

学力の新しいルール。

「学力の新しいルール」という、陰山英男さんの本をご紹介します。 陰山さんは広島県尾道市の土堂小学校で、校長先生として子供たちの学力向上の為に、色々な取り組みをしてこられました。 陰山さんと言うと、「百ます計算」のイメージが強いのですが、それ…

大学病院のウラは墓場。

ずいぶん物騒なタイトルですが同名の、幻冬舎新書から昨年11月に出版された、久坂部 羊(くさかべ よう)さん執筆になる本を、読みました。 大学病院のウラは墓場―医学部が患者を殺す 作者: 久坂部 羊 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2006/11 メディア: …

男たちの大和。

映画公開からも1年近く経ってしまって、今更感がありますが・・・。 私は映画は見ていません。映画が苦手って言うのもありますが、原作本のある映画で、原作以上の出来の映画を見たことが無いので、見ないようにしている、というのが正しいかも知れません。…

地下鉄に乗って。

浅田次郎さんの作品を読むのは、実はこれが初めてでした。 きっかけは、GyaO!に流れる広告。バックに流れるSalyu(サリュー、と読むのでしょうか?)さんの「プラットフォーム」という主題歌が耳に残って離れず、公式サイトを覗いてしまいました。…

ぼくのボールが君に届けば。

ぼくのボールが君に届けば 作者: 伊集院 静 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2004/04 メディア: 単行本 ちょっと古くなりましたが、また読みたくなって今日読み返してしまいました。 涙腺のゆるい私には、いつものように買った本を通勤電車の中で読むことが…

食卓の向こう側。

“食べる”という行為、生きる為には人間は避けて通れないものですけれど、この“食”が病んでいます。 食品添加物の多寡、塩分・糖分の取りすぎだけではありません。食べると言う行為には、単に生きる・成長する為のエネルギーを得るだけではない、家族の団欒が…

国家の品格。

国家の品格 作者: 藤原 正彦 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2005/11 メディア: 新書 Amazonで購入したのを、今日やっと読み終わりました。 ついでに、レビューを書き込みました。(以下、私のレビューコピー) 私の年代からすれば、腑に落ちる内容と語り…

小泉純一郎という男。

最近、この本を読みました。 小泉純一郎と日本の病理 Koizumi's Zombie Politics 作者: 藤原 肇 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2005/10/21 メディア: 単行本 いやはや、間違いなく首相の器などではないとは思っていましたが、ただの犯罪者だったんですね…

生協の白石さん

生協の白石さん 作者: 白石 昌則, 東京農工大学の学生の皆さん 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2005/11/03 メディア: 単行本 「電車男」の二匹目のドジョウ、講談社は虎視眈々と狙っていたんですね。 生協の白石さんは架空の人格のようですが、そんな些細…