幕張の風

So-netブログ「From Makuhari~幕張の風」から移転しました。 仕事のこと、ニュースのこと、音楽のこと、野球はMarinesと高校野球中心に書きとどめたいことを書いて行こうと思います。

年賀状。

そろそろ、年賀状作成のシーズンですね。最近の若い方は出す人も枚数もかなり少なくなっているようですが、私も送る枚数は減少傾向です。

学生時代からの友人などは除いて、やはり仕事関係で直接会わなくなってくると、5年くらいはやり取りがあっても、段々減ってきてしまいますね。今では全部で100枚を切るようになってしまいました。今の会社の人に殆ど出していないのもあるんですが。

年賀状を書く、といっても住所はパソコンに入ってる去年の住所録を、住所変更の連絡があったものをメンテナンスして、宛名印字するだけですから、楽といえば楽なんですね。まずは裏面のデザインを考えて、ちょこちょこっと作ってしまいました。ここ3年くらいは年賀状デザインへのテンション下がり気味で、今年も結構投げやりなデザインになってしまいました。イラストなどは市販のソフトからピックアップして、自分なりに組み合わせるだけのかなり手抜きなデザインです。

裏面はこんな感じです。

裏面が出来上がれば、次は宛名印刷です。


ここで、息子の担任の先生のお名前が“JIS第2水準”にも含まれない外字(パソコンやワープロなどで変換出来ない文字)だということに気付きました。去年は知らなかったので、普通に出してしまいましたが、知ってしまった以上は、何とか対応したいな、と思って調べてみました。

人名の外字で、代表的なものは、渡辺さんの“辺”とか、高橋さんの“橋”とか斉藤さんの“斉”でしょう。

それを簡単に解決するフォントをインストールする、こんなものも出ているんですね。

http://shop.vector.co.jp/service/catalogue/sr047199/ 筆まめフォント 人名外字2

でも、お値段がね。個人で年に一度しか使わないものにしては高すぎます。かといって、自分で作るもの面倒です。

http://www.comquest.co.jp/typography/tips/04itaiji.html 外字マスターによる異体字の作成

 何とかフリーで適当なフォントがないか、と探していましたが、こんなページを見つけました。作成者の方には頭が下がります。

http://www.geocities.jp/gaijijinja/index.htm#mokuji 外字神社

このホームページからダウンロードしたフォントを、インストーラを使って関連付けするだけで、この文字も印刷出来ました!

 

 IMEパッドから、インストールされた“外字”フォントを呼び出して、中から1文字ずつ指定する必要はあります。それと、フォントは明朝だけなので、宛名の印字を毛筆体などで使うことは出来ませんが、とりあえずパソコンからの出力は出来ます。

まあ、最近では手書きの良さが見直されているので、“外字”の入った方への年賀状くらい、手書きしろよ!というご意見もあるでしょうが、年賀状以外にも使えるということで・・・。