幕張の風

So-netブログ「From Makuhari~幕張の風」から移転しました。 仕事のこと、ニュースのこと、音楽のこと、野球はMarinesと高校野球中心に書きとどめたいことを書いて行こうと思います。

結局。

元々、この冬にテレビを入れ替える予定はなかったんですよ。

私は、地デジへの切り替えになる2011年までにテレビの調子が悪くなったタイミングで、FED(東芝-キャノン的にはSED)のテレビへ買い換えよう、と思っていました。

でも、そのFEDテレビが2011年までに価格が現実的なレベルまで下がりそうに無いことが段々感じられてきた上に、ハイビジョンブラウン管テレビの出荷台数がついにゼロになってしまったことで、今のうちにデジタルチューナー内蔵タイプのものを買ってしまおう、と方向転換をしました。

狙いを定めたのはこれです。

パナソニック TH-28D65 http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=TH-28D65

日立 28CL-DH550 http://www.hitachi-ls.co.jp/products/av/hivision/072.html

って言うよりも、この二つくらいしか、在庫が残っていなかったんですね。本当はパナソニックのTH-32D60が欲しかったのですが、在庫処分から姿を消して既に1年近く経過しているので、それこそ地方の“ナショナルのお店”を地道に回ってもあるかどうかの現実で、諦めました。

TH-32D60は、ヤフオクで出品されても、まだ結構な競争率ですしね。やはり画像の美しさに定評がある商品ですから、人気が高いです。中古品で14万円くらいまで上がるので、ちょっとうちには現実的ではありませんから。

で、購入したのはTH-28D65です。TH-32D60との違いは(画面サイズは除いて)ブラウン管がいわゆる“廉価版”で、本来のハイビジョン映像を表現するにはちょっと力不足なのですが、買えないものは諦めるしかないですし。

日立の28CL-DH550は、パナソニックのTH-28D55のOEMですのでTH-28D65に比べると消費電力と操作性でちょっと劣りますので、在庫がなければ仕方ないからこれにしよう、と思っていたくらいです。28CL-DH550も今はここでしか買えませんけど。

http://www.disk-group.com/Goods-explanation/3307944148.html

 我が家に届いたTH-28D65です。

 

以前のテレビ(三菱 25C-LA22)と比べると、やはり“画の密度”が違いますね。うちのマンションは地デジがまだ共聴に入ってませんので、アナログのみの確認ですが、明らかにきれいです。

以前のテレビのレベルは、今、家電量販店の店頭で液晶の引き立て役になってるブラウン管テレビレベルですから、はっきり言って勝負になる訳無いんですけどね。

暫くはアナログのみで我慢しようか、とも思いましたけど、BSデジタルもCSも地デジも受信出来ると、なんだかもったいなくなってきました。

それとアナログ放送のみだと、画像が4:3で横を切って映してしまうので、あまり長期化すると画面焼けも心配です。かといって、ワイドモードだと画面の端に行くほどテレビの中の人が太ってくるので、なんだか気味が悪いし。

ベランダの手すりにアンテナ付けるのは好きじゃないんで(布団干しオタクなので)、BSはやりませんが、地デジ用のUHFアンテナは、来週末くらいに取り付けしようかと考えています。自分で設置してみることで、仕事上にも役立ちますしね。元アマチュア無線家の血も騒ぎますし。

次は地デジ受信レポートになりますか・・・?