読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幕張の風

So-netブログ「From Makuhari~幕張の風」から移転しました。 仕事のこと、ニュースのこと、音楽のこと、野球はMarinesと高校野球中心に書きとどめたいことを書いて行こうと思います。

お気に入り。

私事ですが、海老名勤務が8月1日で終了し、明日から五反田へ戻る事となりました。

まあ、うちの会社(そして親会社も含めて)はドタバタが大好きですから、方針転換は日常茶飯事、人事も急転直下、今日はここでも明日はいずこか・・・みたいなところですので、7月上旬から異動の準備をするようには言われて居りましたけど、本当に言われたのは先週の木曜の朝(爆)!

2日前って、どうなんですかね?取引先もあることなのに、こんなに直前ではろくすっぽ、ご挨拶も引継ぎも出来ません。

それに、明日から五反田にはなったのですが、今後は私の仕事は社長直轄ということで「まーきん。さん、来週から本部に戻ってもらうけど、僕は休みだから君も休みなさい」・・・。

え”っ!


仕方ないです。いきなり夏休みになっちゃいました(泣)する事がない・・・。
まあ、長距離通勤で溜まった疲れをほぐすことにしましょうか・・・。

そんなことで、自分へのお疲れ様の意味も込めまして(勝手に込めるな)、実は私の一番のお気に入りの焼酎、“吉四六”買って来ました。

大分の二階堂酒造の焼酎です。

a4bf15a5.jpg


二階堂酒造
http://www.nikaido-shuzo.co.jp/index.html

二階堂酒造は麦焼酎の言わば「元祖」。「二階堂」という名前で麦焼酎を販売していますが、“吉四六”はそれを長期に熟成させたものです。二階堂よりまろやかに、それでいて味わいはしっかり・・・初めて飲んだ時から「なんて美味しい焼酎なんだろう」と感心してしまった焼酎です。



名前の「吉四六」は、大分の民話の登場人物から取ったものです。

吉四六」・・・ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E5%9B%9B%E5%85%AD


高校1年の時に、全国高等学校文化祭で大分市を訪れた事があるのですが、その時のお土産に大分の民話の本を買って帰りました。そのとき買った本は、確か実家に置いてあったと思うのですが・・・。その中にも吉四六のお話が出ていたように記憶しています。

ちょっと前までは、少し大きなスーパーのお酒売り場でも見かけた吉四六ですが、ここのところ人気が出ているようで生産量が追いついていないのでしょうか?今日も「買おう」と思い立ったは良いですが、結局ここまで出かけないと買えませんでした。

酒のヤマダ 津田沼


皆さんも、いかがですか?焼酎初心者の方にも、お勧めです。