読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幕張の風

So-netブログ「From Makuhari~幕張の風」から移転しました。 仕事のこと、ニュースのこと、音楽のこと、野球はMarinesと高校野球中心に書きとどめたいことを書いて行こうと思います。

律儀。

スポーツ
たまには野球の話題も・・・(笑)

今年はFA戦線も小粒というか、胴元の讀賣(笑)が不参戦を表明したことで、あまり大きな動きも無くなってはおりますが、その中でもこの方の動向は、一番注目度が高かったのではないでしょうか?


FA三浦が残留表明「横浜が好き」

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20081130-435222.html

頼むから、黒田みたいに翌年に心変わりしないでくれよな(笑)

まあ、地元の子供の頃からあこがれていた球団の、より良い条件を袖にしてまで、ファンの心が届いた訳ですから、来年は今年みたいな体たらくでは、黙っちゃいませんよ(誰が?)
讀賣の驚異的な逆転優勝も、元を正せば横浜の半端じゃない「へなちょこ」さが原因ですから、罪は重いですぞ。
ハマの番長・三浦を中心に、チーム全員がリーゼントにするぐらい(もちろん、大矢監督も)の決意で、来シーズンは戦って欲しいものです。

しかし、最近はタイガースも「プチ讀賣」化してきて、何だか嫌味ですね。。。

もういっちょう!

何気に、男気を感じましたよ。私はこの人嫌いなんですけど・・・。

「野球人生全うを」落合監督がオレ流エール
http://www.sanspo.com/baseball/news/081130/bsc0811300502000-n1.htm

落合さんは、ロッテを見捨てるように出て行った人ってこともありますが、何だかあまり好きにはなれなかったんですね。でも、この記事見て見直しましたよ。

ノリを拾おうとして拾い損ねたマリーンズですが、最後に手を差し伸べたのがドラゴンズ。その恩義を感じて「生涯ドラゴンズ」を誓ったノリですが、今年ドラゴンズから提示された条件で、心が動いたのではないでしょうか。
プロとしてのプライド、前回はそれが邪魔をして一時はプロ生命を断たれる寸前まで行ったノリですが、それが分かっていても、自分の納得行く形でプレーすることを、彼は求めたのでしょう。

そしてそれを受け止め、エールを送る落合監督

「天晴」です。

これだけの思いを受け止めているんですから、来年はイーグルスを必ずクライマックスシリーズへ、導いてくれるでしょう。
でもマリーンズの邪魔はしないでね(笑)