読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幕張の風

So-netブログ「From Makuhari~幕張の風」から移転しました。 仕事のこと、ニュースのこと、音楽のこと、野球はMarinesと高校野球中心に書きとどめたいことを書いて行こうと思います。

バッテリー。

クルマ
C3のバッテリーが上がったと、前エントリーで記しましたが、無事交換致しました。

ジャンピング作業は、加入している自動車保険のサービスを利用しました。私はチューリッヒ保険に加入していますが、電話して1時間以内で到着しましたよ。

作業に来られた方が相当のクルマ好きのようで、私のC3にかなり興味が沸いた様子でした。

「フランス車には興味あったのですけど、実際にプジョーも買おうと思って、今は結局ポロに乗っていますが・・・」
なんて話を始めるのです。作業時に彼は「フランス車はチャチ」という印象が強かったらしく、とても慎重に作業をしてくれたのですが、私は「意外と丈夫だから、気にしなくて良いよ。でも、“こんなとこまでプラスチックかよ”って部品があるので、それは慎重にやらないと壊れますよ。」それと、「日本車と違って、ほうっておいても壊れないってことは無いですね。やはり、ちゃんと気を配ってあげないと壊れます。クルマに手を入れることが嫌な人は、乗らないほうが良いですよ。でも、クルマに手をかけることを厭わない人なら、フランス車はとても良い道具になりますよ」・・・と、私なりのフランス車のうんちくを垂れたりしてしまいました。
次は彼も“へへ菌”保菌者になるかも知れません(笑)
フランス車って、見た感じチャッチイんですけど、これが意外と適当に扱っても壊れないんですよ。でも、プラスチッキーなところは、最新の注意を払わないと部品を壊すなんて日常茶飯事ですけどね。


ジャンピングで無事エンジンがかかったあと、バッテリー交換は今回はこちらにお世話になりました。

アウトハーフェン
http://www.autohafen.com/index.html
蘇我陸橋を市原方向へ下りてすぐのラーメン屋さんのある交差点を、左に入った側道すぐにあるお店です。
BOSCHの特約店ですが、車検整備の工場もあるので持ち込んで色々相談出来そうな感じです。
こんな近くに輸入車でも作業してくれるお店があるとは、知りませんでした。

今回はバッテリーはこちらを買いました。BOSCHのPS-Iバッテリーです。

BOSCH PS-I バッテリー
http://www.bosch.co.jp/jp/aa/products/group.asp?id=PSIBattery

気になるお値段ですが、交換工賃込みで1万6千円でした。
BOSCHのお店なので、ついでにFrench-Frenchで勧められたこのワイパーブレードも交換してしまいました。

BOSCH エアロツインマルチ
http://www.bosch.co.jp/jp/aa/products/group.asp?id=AerotwinMulti

適合表ではC3の対応は無いのですが、以下の組み合わせで装着して問題はありませんでした。

運転席側 AM60A 600mm (購入価格:3,080円)
助手席側 AM45B 450mm (購入価格:2,450円)

使用感は“素晴らしい”のひと言です。C3のフロントウィンドウのきついRにもしっかりフィットして、ビビリ音も皆無です。こんな快適なワイパーブレード初めてですよ。ちょっと感動しました。これ使ったら、もう普通のワイパー使えません。

ふって沸いたようなバッテリー上がりですけど、実はへへ菌保菌者になってこれで3回目です。
AXでは深夜の聖路加国際病院で、ZXでもホームセンターの駐車場で、やっちゃいました。いずれも新車から2年目でした。そう考えると、C3のバッテリーはずいぶん持ったんじゃないでしょうか?私が買った時点でまだ新車時のバッテリーのままでしたから。

次の交換の時は、私は何処で何をしているでしょうか?