読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幕張の風

So-netブログ「From Makuhari~幕張の風」から移転しました。 仕事のこと、ニュースのこと、音楽のこと、野球はMarinesと高校野球中心に書きとどめたいことを書いて行こうと思います。

月が昇れば。

ちょっと更新サボっちゃいましたね。。先週は週中に体調を崩したこともあり、仕事のスケジュールが押せ押せで中々ブログまで手が回らなくなってしまいました。。

***

「月が昇れば」・・・9月16日発売のニューアルバムです。

85b68979.jpg


私にしては珍しく発売前にオーダーしていました。おまけに今回は先行シングルの「COME ON!」まで買っていたので、アルバムとのW購入者特典まで応募してしまいました。

で、それが届くまでこのアルバムのエントリーは控えていたのです(笑)。

アルバムが発売されてからプレゼントの内容が発表されたので、それ見て「応募止めようかな?」なんて思いましたけど、せっかくですからね(何が?)

今日、郵便受けの中にこれが入っていました。
7ff760a0.jpg


斉藤和義のニックネーム(笑)、せっちゃんの「せ」の字の焼印が押された、アコースティックギターの丸い穴の抜いたあとの廃材を、強引にコースターと呼んだ(笑)代物です。

斉藤和義 ~ Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%89%E8%97%A4%E5%92%8C%E7%BE%A9

肝心のアルバムの内容は、最初に聴いた時はTVとのタイアップ曲も多いせいか、サッと聞き流しただけでしたが、だんだん秋が深まって寒くなるに従いジワっと良さが拡がる感じ、「何かこれ、聴きたいなあ」と思えるサウンドです。

アルバムタイトルになっている「月が昇れば」ですけど、その同名の曲も収録されていませんし、ダイレクトに「月」を表現した歌詞の曲もありませんが、アルバム全体を通してなんだか秋の月夜の明かりで聴きたいって感じるのは、何故なんでしょうか・・・?

「せ」エコースター到着が遅れたせいで、秋というより既に12月の声を聞く直前ですが(笑)、明日は月曜、この曲を聴いて元気に通勤するとしましょうか。

ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー / 斉藤和義 ~ You Tube