読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幕張の風

So-netブログ「From Makuhari~幕張の風」から移転しました。 仕事のこと、ニュースのこと、音楽のこと、野球はMarinesと高校野球中心に書きとどめたいことを書いて行こうと思います。

教育とは。

今日は息子の私立高校受験と、昨日のエントリーで申し上げましたが、実は学校で14日に大変な事件が起きていました。息子から話を聞いただけの一方的なものでしたので、今まで何も触れませんでしたが、今日の16時半から学校で緊急の保護者会の招集がかかりまして、私も参加して来ました。

息子から「どうも受験近くなってから、いつも先生に対して態度の良くない生徒達が余計に騒ぐようになって、学校の雰囲気がとても悪い」とは聞いていたのですが、やはりこうなってしまいました。


教員に頭突き 容疑で中3男子を逮捕--千葉 /千葉 ~ 毎日jp



警察はこういう事件は必ず記者会見を開くルールになっているそうで、新聞にも3紙ほど地方欄に掲載されたということです。

高校受験という緊張感で気持ちが昂ぶっているのでしょうけれど、大多数の生徒はこんなことはしないのです。
もちろん、保健室にいつもたむろしている生徒たちも、本来は常日頃から先生が厳しく指導出来れば良いのでしょうが、体罰のような指導を行えばすぐに噛み付く保護者がいたり、臭いものに蓋をするのが体質として染み付いている教育委員会相手では、今の学校の先生方は本当に指導が難しくなっていると、思います。

保護者会の席上で、どうも逮捕された生徒さんの関係者と思われる保護者の男性が、校長先生に対して警察を呼んだことを激しく非難し始め、私はいたたまれなくなってその人に反論しました。

そもそも、中学3年にもなれば物事の良し悪しの判断はつくもの、その教育を家庭でちゃんとしてこなかったのが原因であるのに、ここで学校の対応を批判するのはおかしい。生徒の話を聞けと先生に要求する前にルールを守るように教育するのが保護者の勤めでしょう?

そのような内容で大声で反論しました。多くの保護者の方からは、拍手をいただいたり頷いたりしていただけましたので、殆どの親御さんが今回の“事件”を同じ思いで受け止めておられたのではないかと、感じました。

確かに、理想を言えば学校に警察を入れるのは「教育の放棄」と言われても仕方ありません。それでも私は校長先生の判断を支持します。この逮捕された生徒さんには、これしかなかったと思います。学校で厳しい指導が出来ない、家では親が甘いのでは、本当の社会の厳しさをどこで学ぶのですか?社会に出てもっと大きな失敗をする前に、誰かがちゃんと指導をしなければ、この生徒さんの将来にももっと重大な影を落としたことでしょう。ここで警察を呼んだ校長先生は、この年で定年を迎えられます。最後にこのようなことになって、一番悔しく、また辛い思いをなさっているのは、ほかならぬ校長先生だと、私は思います。それでも、ここで、ご自身が指導を出来るうちに何かしてあげたいという気持ちから、本当にやむを得ずのご選択をされたのであろうと、思っております。そのくらい熱心な先生ですから。

さらに、この記事では頭突きのみ触れられていますが、他にもっと重症の先生がいらっしゃいます(おそらく入院してしまって、この記者発表時点では怪我をした先生から聴取が出来なかったのでこのような発表になったと思われます)。
このような重大なことをしてしまって、「それでも先生が悪い」では、先生はいったいどうやって指導をすれば良いのですか?
この逮捕された生徒さんが一番悪いとは、私も思いません。そもそもその子の親が一番悪いのです。厳しく指導出来ない、ルールをきちんと徹底できない、そういった今までの積み重ねが、ここでこうして出ているに過ぎないのです。

自分の子供に「権利だ、権利だ」と権利ばかり主張させていませんか?親がすべて先回りして困難を避けさせていませんか?
親が先に死ぬのは道理ですよ。きっちり人様に対して恥ずかしくない子供を世に出すことが、親の勤めではありませんか?


にほんブログ村 ニュースブログ