幕張の風

So-netブログ「From Makuhari~幕張の風」から移転しました。 仕事のこと、ニュースのこと、音楽のこと、野球はMarinesと高校野球中心に書きとどめたいことを書いて行こうと思います。

強風。

昨日のホーム初戦も、成瀬のナイスピッチングで勝利し、“下馬評”を裏切りそうな気配も漂ってきたMarinesですが、この日の試合は「一休み」といったところでしょうか?


本日の結果。
50411c99.jpg


相手がエースのダルビッシュで、最終回に守護神・武田久を打っての引き分けだから、上出来・・・とは、言えないですね。勝ちきれなかったというのが正しいかも知れません。

今季のダルビッシュはホークスとの開幕戦もそうですが、三振は取れるのに投球数が多く、ちぐはぐな感じがします。真っ直ぐの失投も多く、今日はよく1失点で収まったものです。特に初回の満塁のチャンスで大松とサブローが連続三振で終わってしまったのが、このゲームがドローで終わってしまった一番の原因でしょうね。特にサブローは今日は何だか外れの日みたいで、打席では三振やダブルプレー、ランナーに出ればゲッツーと良いところが有りませんでした。まあ、そういう日はそんなものです。またそんなときに限って、チャンスに打席が回ってくるんですよ(笑)

シーズンに入って打線が好調のようにも見えますけど、西岡・荻野Tの1・2番コンビがここまでは良い流れで来ています。今日は延長11回の攻撃で、荻野のバント処理の際に二人が1塁の後方でぶつかるアクシデントがありちょっとヒヤッとしましたが、しばらく起き上がれなかった西岡も、大事に至らなかったようで良かったです。

でもこのプレー、木田が上手くバウンドさせて処理したとは言っても、あの打球を1塁後方のファールエリアで見守っていた西岡は、何考えていたのでしょう?
本来だったらあの打球は、西岡は木田がダイレクトで捕球しなかった時点でセカンドへ向うべきなのに、どうしてあんなところに居たのか、私も見ていて状況判断に悩みましたよ。
ダブルプレーを防ぐために全力で打者走者の荻野Tが駆け込むのは当然のことなので、ぶつかってしまうのは当たり前ですよ。大怪我せずに済んだのは、今日はそれだけでラッキーと言えるかも知れません。

それにしても今日のダルビッシュは、失投が多かったです。Marines打線も連勝が継続中とは言え、まだまだ全体のエンジンがかかっているとはとても言えない状態です。そんな中ではキム・テギュンが9回に打った同点打は、低めの変化球にもきっちり付いていっているので、日本のピッチャーのシーズンに入ってからの攻め方にも、少しずつ対応出来ているようです。
しかし、福浦とサブローはもうちょっと暖かくなるまで待たないとダメかな?ダルビッシュのど真ん中ストレートの打ち損じが少し気になります。特に福浦は、真っ直ぐを空振りしたときに、ボールに遅れ気味にボールの下からすくい上げるようにバットのヘッドが出ていたので、本調子まではもうちょっと、でしょうか。

明日の先発は晋吾です。今季も“サンデー晋吾”で行くのかな?明日は今日以上に寒そうなので、マリンスタジアムへ観戦に行かれる方は、防寒対策を!3月のマリンの海風は、冷えますぞ!!



にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ