読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幕張の風

So-netブログ「From Makuhari~幕張の風」から移転しました。 仕事のこと、ニュースのこと、音楽のこと、野球はMarinesと高校野球中心に書きとどめたいことを書いて行こうと思います。

美味しいお寿司屋さん。

前回は習志野市のMr.&フライパンをご紹介させていただきましたけど、私が“ファミレス以外”という選択肢で外食で利用するお店、お次はお寿司&和食編です。

うちの息子は私と二人に戻ってから、食べ物にまたまた執着しなくなってしまいました。別にそんな特別良いもの食べさせている訳ではないのですけれど、それでも私自身が「足りない」ことがとてもイヤだった(中学3年の下宿時代は、遠慮からずっと空腹我慢していましたから・・・)ので、余るほどテーブルに出してしまいがちです。

外食で「何食べたい?」って聞いても、「別に、、、」・・・なんて、沢尻エリカチックに返事が返ってくるので、もう何も聞かずに連れ出してしまっています。

そんな流れでこのところ親父の趣味で、お店を一方的に決めていますが、今回もまた問答無用で、幕張からはちょっと距離がありますが、ここへ連れて行きました。


すし処 魚つぐ ~ グルメWalker

http://gourmet.walkerplus.com/135130643001/

鮮魚店「魚次」さんのやっているお寿司屋さんです。他に日本料理店もありますが、そちらはまた別の機会にでもご紹介します。

魚次 ホームページ
http://www.uotsugu.com/index.html

前にここの魚屋さんは紹介したことがありますね。

変えられないこと。 ~ From Makuhari 幕張の風
http://makuhari-windy.blog.so-net.ne.jp/2009-09-23

テーブル席が14席、カウンターも10席ほどしかなく、小さなお店ですけれど、カウンターの中の板前さんも気さくで「お寿司は回ってないと緊張しちゃう・・・」と言う方でも、きっと大丈夫です。カウンターに座ってお寿司って敷居が高そうですけれど、お値段も出されるお寿司のことを考えればとってもお手ごろです。

もちろん、元々お魚屋さんですからネタは新鮮なだけじゃなくて、美味しいものばかり。今回は二人ともおまかせにぎり(1,600円)を注文しましたけど、それについているあら汁が美味しいこと!正に“腸に染み入る”感じです。

このすし処魚つぐさんの魅力は、お味もそうですけれど板前さんだけでなく、店員さんの女の子まで、みんな気持ちの良い接客をしてくれます。地元に根付いた常連さんの多いお店ならではでしょうけど、馬鹿丁寧でもなくつっけんどんでもなく、ちょうど良いお持て成し感覚がまた、お店に足を運ばせる魅力なのかも知れませんね。

次は引越し終わってからでも、行こうかな?


ブログランキング・にほんブログ村へ