読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幕張の風

So-netブログ「From Makuhari~幕張の風」から移転しました。 仕事のこと、ニュースのこと、音楽のこと、野球はMarinesと高校野球中心に書きとどめたいことを書いて行こうと思います。

9月12日。

Personal

このところブログを放置状態にしておりますが、別におかしなコメントがたて込んで来たからではないですよ(笑)
前の仕事を辞める直前の6月あたりから、右腕が上がらなくなって来たのです。私は元々柔道をやっていた時に、相手がちょっと子供だったもので背負い投げでどうしても投げたかったのでしょう。「投げられ役」の時の相手の子供が、ひざから砕けてもう投げの形も出来ていないのに、無理して私の柔道着を離さぬまま肩から畳に叩き付けたものですから、靭帯が完全に伸びてしまったんですね。

それ以来、全力でボールを投げることが出来なくなってしまいました。
そんな古傷があるので、「きっとまた梅雨が明ければ良くなるさ」と、例によって能天気に構えていたところ、実は今になっても痛みが引きません。というか、アイロンがけや包丁を持つ時にまで、激痛が走り始めました。

・・・これって、“五十肩”?!(もう四十肩とは言えません(笑))

おまけに、先日の占い師の方の“お告げ”の通り、どうにも肝臓も調子が良くないのか、全身がだるく食欲が落ちています。時折胸やけに近いものも来ますので、これはビンゴでしょう。

ということで、忙しいのもありますが単なる体調不良です。生きてはいますが・・・。

で、今日はお仕事も流し気味に・・・(笑)

午前中は月曜定例の、会社周辺の清掃活動、そして営業会議が終わってから、先週金曜日に工場見学にご来社された方への対応をしておりました。それをやりながら、前職の入社前に保証人になっていただいた消費者金融時代の上司へ、連絡をとってしまいました。

この時に登場する方です。

makuhari-windy.hatenablog.com


会社のある新習志野から、元上司の会社のある船橋市三山へ行くには、まずは総武線津田沼駅に出なくてはなりません。

地元の駅です。津田沼駅方面バス停から、会社方向を望む(爆)

f:id:makin2015:20160613210758j:plain




意外といったら使っている方に失礼ですが、新習志野から津田沼行きのバスがこんなに本数あるなんて、知りませんでした。

f:id:makin2015:20160613210821j:plain


津田沼までは大体15分ぐらいですか、まっすぐ行けばもっと早いでしょうが、路線バスなので周辺の学校を一筆書きでたどりながら、津田沼駅へ向かいます。

久しぶりの津田沼です。まだ両親が千葉に居た頃、川崎へ引っ越す前は津田沼に住んでいたんですよね。津田沼3丁目の、エクセル津田沼という14階建てのマンションの裏手(笑)のWTC津田沼マンションです。

地図も貼っちゃえ(笑)



だから津田沼の南口は、妙に懐かしいのです。

f:id:makin2015:20160613210851j:plain


当時は、ダイエー高島屋が入っていたサンペデックというショッピングセンターも、今ではモリシアという名前に変わって建物もリニューアルされています。もう、私の記憶の中にあるところとはまったく変わってしまいました。かろうじて当時のテナントが数店残っているくらいでしょうか。

モリシア オフィシャルページ
http://www.morisia.com/

北口も、かなり変わりました。

f:id:makin2015:20160613210914j:plain


西友が、外資になってからどの店舗に行っても何だか冷たい感じがするんですけれど、この津田沼も同じです。セゾングループ内だった西友の頃に行っていたお店と、建物は変わっていないのですが店内からすっかり生気が抜けたように感じるのは、何故でしょう?

訪問先へは、途中手土産を買った時間を入れても1時間ちょっとで着きました。前にお会いしたのがほぼ7年前ですけれど、電話してこうしてすぐ会ってもらえるのも、嬉しいものです。
それにしても今日は色々と話をしました。もちろん今の勤務先の紹介と仕事のこともご提案はしましたが、やはりと言うかこちらも親会社からのパソコン購入(笑)。先週行った以前の取引先も親会社で買っていましたけど、やっぱりすごいぞ某商会というところでしょうか?(笑)

一番感慨深かったのは、以前上司と部下の関係だった時にはまったく見えなかった上司の本音が見えて来たことです。「俺もそうだけど、まーきん。もサラリーマンっぽくない奴だったからな・・・」なんて評価は、聞いたこと無かったです。それは悪い意味ではなくて、組織の枠にはまっただけの考えをしない・・・と言う意味で。安住の地位を求めるよりは、やりがいとか心の充実感とか、そういうものに燃える奴だったよなって言われて、何だか嬉しくなりました。

それに、今の仕事のアイディアを私に話してくれるのです。「こうやって俺が色々アイディアぶつけても、お前はすぐに中身を理解して別の視点を教えてくれるんだよな。」
話している中身は、以前は消費者金融のサービス開発とか、システムの問題でしたから中身は全然違うのですが、一緒に話していて私も一瞬タイムスリップした感覚になりました。情熱を持って語りかけてくる姿が、以前の上司のままだったので・・・。

それと、当時の社長の現在の話も聞きました。64歳になっても尚、パワフルに活動なさっておられて・・・。あれだけの法的な制約下で一度はすべてが白紙に戻ってしまったにも関わらず、国は違えど現在は当時よりも大きな企業のオーナーです。ものすごく運の強い方だとは思いましたけど、何だか本当に人間の生まれついた運の違いを感じますよね。ただ、これだけは言えるのですが、私が今まで自分が出会った“社長”の中で、一番人間的な懐の深い人が、この方です。前職の社長に爪の垢を煎じて飲ませたいくらい

2時間近く、話し込んだでしょうか、でも昔の思い出話じゃなくて“これからどうするか”の話ばかりですから、私も自分の気持ちにもっと張りを持たせて毎日を生きなくては・・・って思いました。ついつい日々の忙しさと自分を取り巻く環境の厳しさに、出来ない言い訳を考え始めている自分は、どこかに捨て去らなくては。

前職の7年間は直接の実りは何にも無かったですが、自分の中にはいい経験があると信じて。
私は後ろを向くことも悲観することも、大嫌いですから。
VPS


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



==== 当時の消費者金融会社では、情報システム部の管理者だった私ですが、こんな記事がまだネットで拾えました。

日本ユニシス クライアントサーバ事業部 優秀な導入事例でマイクロソフトより表彰
http://www.unisys.co.jp/news/mcsp98/

いやあ、このシステムは大変でしたよ、ホント(笑)。いったい何日徹夜させられたか(大笑)

今でこそ常識になったWindowsベースのクライアントサーバシステムですが、当時はこれが“世界初”(大笑)開発費も当初の予定をはるかにオーバーして、全社のメールシステムが導入出来なくなってしまって・・・。仕方なく、購入したExchangeServerとOutlookのライセンスに、別途安く購入したサーバとPC50台を私一人でセットアップして、支店サーバのリモート制御でサーバ設定まで済ませた上で日本全国の27支店へ送り込む・・・なんてこともしましたっけ。