読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幕張の風

So-netブログ「From Makuhari~幕張の風」から移転しました。 仕事のこと、ニュースのこと、音楽のこと、野球はMarinesと高校野球中心に書きとどめたいことを書いて行こうと思います。

・・・。

MUSIC

今朝、もうちょっとで自宅を出ようか・・・と言うところで、テレビでは聴きなれない名前が、テロップで流れた。

柳ジョージ


“和製クラプトン”柳ジョージさん死去…63歳 ~ スポニチ・アネックス

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/10/14/kiji/K20111014001816330.html

f:id:makin2015:20160808192841j:plain


柳ジョージ ~ Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8

そんな時って、殆ど訃報。そんなことじゃ聞きたくなかったけど、突然流れたその名前は、やっぱりジョーちゃん。
僕とは違う世界に行ってしまったことを、伝えるニュースだった。

もう、無理だとは分かっていても、迷いながらも、断ち切る為に大学を中退して、最後に音楽に賭けてみようと思ってた。
馬鹿げた、身の程知らずの賭けだったけど、「それでも、続けるしかないよ。好きなんだろう?やりたいんだろう?」そんな声が、聞こえてきた。

酒も、呑んだ。ほんとに浴びるほど。
つっぱってる様で、実はシャイ。

でも、唄は、本物。泣けるって安っぽくて使いたくないけど、ジョーちゃんの唄は、本当に、泣ける。
ジョーちゃんみたいな声になりたくて、「酒を飲めば声がしゃがれる」って聞いて、無理やり飲んでた事もあったよ。若かったね。
多分、飲んでる量はジョーちゃんに負けてないけど、僕の声は、変わらなかった(笑)。

Johnが死んで、何だか心に埋められない穴が開いちゃってから、初めて背中をおっかけたいって思ったのが、ジョーちゃんなんだ。

「敗者復活戦」は、僕のバイブルだった。

f:id:makin2015:20160808192901j:plain

 

ランナウェイ―敗者復活戦 (集英社文庫)

ランナウェイ―敗者復活戦 (集英社文庫)

  • 作者: 柳 ジョー
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1983/06
  • メディア: 文庫
 


大学の頃、バイトしてた船橋の駅ビルのレストラン、そこのマネージャーもジョーちゃんのファンで、「プリズナー、良いよな、あの歌大好きなんだ」って、言ってたっけ。

 

youtu.be


僕も、この曲一番ジョーちゃんらしいって、思うよ。
こんな風に、唄えるように、なりたいよ。

もうちょっとしたら、僕も行くから待ってて。こっちでは会えなかったし。

今日は、今晩だけは、泣かせてよ。
VPS


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村