読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幕張の風

So-netブログ「From Makuhari~幕張の風」から移転しました。 仕事のこと、ニュースのこと、音楽のこと、野球はMarinesと高校野球中心に書きとどめたいことを書いて行こうと思います。

9年ぶり。

今日は、高校サッカー選手権の決勝が行われ、千葉県代表・市立船橋高校が9年ぶりの日本一に輝きました。

第90回高校サッカー選手権大会 決勝速報 ~ 日テレ

http://www.ntv.co.jp/soc/report/index.html

朝から給湯器の交換や稲毛海岸駅で打ち合わせがあったりで、14時の試合開始から自宅に居ることは出来ませんでしたが、前半途中からゲームにかじりついてしまいました。

試合開始1分で、セットプレーのこぼれ玉を決められてしまい、ペースの乱れた市船イレブンでしたが、今年のこのチームのすごいな・・・と思うところは、ゲーム途中でも自分たちの失敗や悪い点を自分たちで修正出来るところです。

四中工も市船対策はしっかり考えていたようで、中盤の選手を厚くして前線からこぼれた球をしっかりキープすることで、先制されて若干前掛りになっている市船の攻撃を余裕でかわしていました。

そのあたりもしっかりと考えた上で、前半終了間際にはそもそも前線からボールを奪われないようにドリブル突破から相手のミスやファールを誘ってセットプレーへ・・・の展開が中心となり、ボールの支配も市船中心で殆どが四中工の自陣でのプレーとなっていました。

後半入ってすぐには「これは市船が追いつくのは時間の問題かな?」などと思っておりましたが、四中工の守りも堅く、キーパーの1年生とは思えない果敢なプレーもあって、中々ゴールを割れません。

でも、市船の和泉くんは、なかなか“持ってる”奴ですね。後半のロスタイムのCKからの混戦で、しっかり押し込む技量を持っているのですから。

市船は、布前監督の交代以来、ちょっと選手権からも遠ざかって(千葉県も、野球でもサッカーでも私学で選手を関東中から集めまくっていることろがありますから・・・)しまっておりましたが、就任1年目・市船のOBでもある朝岡監督が新しい歴史を、作っていって欲しいと思います。

ちなみに我が母校・習志野は、市船に県大会準決勝で敗れました。スコアはくしくもこの日の決勝とまるで同じです。(前半に先制して後半に追いつかれ、延長後半で決められてしまう・・・)

千葉県サッカー協会HP 高校サッカー選手権千葉県大会 対戦表
http://www.chiba-fa.gr.jp/08category2/90th-national-hs-pref-2ndfinal.html

やっぱり、高校スポーツはそれぞれ地域の代表が競うのが、本分ではないでしょうか?
今年の高校サッカー選手権大会の決勝は、公立高の名門校同士の対戦でゲーム内容も伯仲して素晴らしいものでした。その中でもやはり特筆すべきはギリギリまで追い込まれても諦めない、市船イレブンの気持ちの強さです。私も、このゲームを見ていて「何事も諦めてはダメだ」と言うことが、自分の息子ほどの年令の子供達のプレーから、改めて学ばせていただきました。

市船イレブン、本当におめでとう。そして、ありがとう。
VPS

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村