読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幕張の風

So-netブログ「From Makuhari~幕張の風」から移転しました。 仕事のこと、ニュースのこと、音楽のこと、野球はMarinesと高校野球中心に書きとどめたいことを書いて行こうと思います。

がんばれ京急。

社会・時事
9月25日深夜に発生した、京浜急行電鉄の土砂崩れによる脱線事故は、想定を超える雨量が引き起こした想定外の事故にも関わらず一人の死者もなく、復旧しました。

京急が全線で運転再開 脱線事故から55時間ぶり
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120927/dst12092708340002-n1.htm

それでもマスコミは、京急を“悪役”にしたくて仕方ないようで、ネットのニュースを見ていても表題が「京急脱線」になっていたりと、事故を起こしたから悪いんだろうという例によって短絡的な発想で埋め尽くされています。

それでも、京浜急行は違うのです。

愛される京急 ~ NEVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2134855418313752101

もともと、どんなことがあってもギリギリまで運行する京急の姿勢、そして関東では一社だけとなっているボルスタ付台車へのこだわりなど安全運行重視の考え方は、沿線住民や鉄分の濃い人たちの熱烈な支援を受けています。

ボルスタ台車については、こちらのページが詳しいです。

ボルスタレス台車について
http://www.ne.jp/asahi/davinci/code/history/jiko/index3.html#4

今回の「脱線」事故は、京急だから死者が出なかった・・・とも言えます。先頭車両に動力車を持ってきたり、ボルスタ付台車を使用したり、電鉄会社の肝ともいえる車両にコスト理由の“手抜き”が一切なかったから、あんな想定外の土砂崩れが起きても、誰も命を失わずに済んだと言えるのではないでしょうか?

これがJRの横須賀線で起きていたらと思うと、背筋が寒くなります。JRの最近の車両は、コストダウン・軽量化優先で安全性が軽視されているんじゃないかって、乗っていても感じます。

京急の乗り心地とJRの車両では、雲泥の差です。私も神奈川で横浜方面へ行くときは、ちょっと駅が不便なんだけどつい京急を使ってしまうんですよ。
地元の京成電鉄と相互乗り入れしているっていうのもあるんですけれど、京急には頑張って欲しいです。

京成電鉄のページ
http://bosoview.sakura.ne.jp/railroad/keisei/keisei.html

マスコミなんて、報道車両で京急代替バスが通る幹線道路を塞いでしまって、沿線住民の大迷惑になっていると言うのに。
http://p.twipple.jp/zBde3

京急、頑張れ!!
VPS

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村