読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幕張の風

So-netブログ「From Makuhari~幕張の風」から移転しました。 仕事のこと、ニュースのこと、音楽のこと、野球はMarinesと高校野球中心に書きとどめたいことを書いて行こうと思います。

マザー牧場。

Parsonal

26日の日曜日、マザー牧場まで足を伸ばして来ました。
http://www.motherfarm.co.jp/index2.php
千葉出身の方なら「もう飽きた!」とか「また行くの?」というくらい、身近なところですが、それだけ昔から地元に根付いた“テーマパーク”のはしり、みたいなものです。

幸い、私は石川出身で千葉にやってきたのも中学生からだったので、未だにというか行ったことがなかったんです。我が家ではお給料後の週末には夕食を外食にしているので、食事の支度の要らない時なら出かけてもいいだろう、と出かけることにしました。

心配なのはお天気でした。予報では曇りで夕方から雨、日中もにわか雨ありで、いくら暖かい日が続いているとは言え11月の下旬に屋外は辛いかな?と思っていましたが、木更津南I.C.から国道127号線を下ってマザー牧場に到着する頃には、お日様が顔を出して来ました!時折日が陰る程度で風もなく、気温は低かったですがまあまあお天気には恵まれました。

場内は広いですね。入り口はまきばゲートと山の上ゲートの二つがありますが、山の上ゲートから入って駐車しました。目的にもよるでしょうが、とりあえず始めていかれる方は山の上ゲートが良いかも知れませんね。私が山の上ゲートを選んだのは単に、「坂を上りたくない」という人が家族に若干名いるからですが。

山の上ゲート駐車場を、観覧車から眺めたところです。

見てきたイベントは、アグロドームの「牧羊犬とまきばの仲間たち」「アグロドームシープショー」に7月21日から始まった「マザーファームツアー」の3つです。どのイベント/アトラクションも牧場という特性を生かして動物と直に触れ合える環境づくりに腐心していることが伺える内容です。どっちかというと地味でエンターテイメント性には欠けるかも知れませんが、今の生活でこういう環境って中々味わえないことを考えると、貴重なものかも知れません。

うちの息子も、「マザーファームツアー」は、結構気に入ったようです。

トラクタートレインで牧場内を移動するのですが、ガイドの方の案内する方向に見える動物たちを真剣に追って見ていました。作られた見世物ではなく、生き物が相手だけに台本どおり事が進まず、あらぬ方向に羊が移動しだしたり、牧羊犬が暴走したり!とハプニングがあるのも、興味を引いたのでしょう。


そう言えば、こういう環境は実家に預けていた1年ちょっとの間しか知らない訳ですし、それも田舎といっても田舎ほど子供たちは土を避ける遊びをやりたがる傾向があるようで、週に一度私が帰るときぐらいしか土と触れ合ったりすることは出来なかったです。ここは何よりも、手を伸ばせば届く位置でダチョウや羊に触れ合えるのは、大人でも楽しいですね。

もっと写真を撮るつもりでデジカメもコンパクトカメラも三脚つきで持参したのですが、荷物持ちと奥さんの手を引くのとでそれ所じゃなくなっちゃいました。マザーファームツアーで出会った巨大な牛さんのアップで勘弁してください(笑)

手前の黒い大山は、息子の頭です(笑)

しかし、この一頭で必要な牧草の量、半端じゃないですね。この牛は広い放牧地に一頭だけだったのですが、何でもこの一頭が生きるのに必要な牧草地の面積分だけ場所を取って、牛舎も無く放牧しているそうです。

気になって家に帰ってから調べちゃいました。牛一頭を飼育するのに必要な面積は1ヘクタールだそうです。

http://home.impress.co.jp/books/nenga97/column.htm#COLUMN16

食肉の中で牛肉が一番環境負荷が高い(グラムあたりの生産に必要な他の食物の消費が最も多い)そうなので、なるべく牛肉は食べないほうが、地球の為ですね。

もうちょっと暖かい時期なら、もう少しゆっくり出来ましたが、さすがに長時間は寒くなったので15時過ぎにはマザー牧場を後にしました。お土産も色々見ましたが、ここで作ってるのがあんまりなかったので、何を買おうか悩んじゃいました。

私はお土産買うときに、裏を必ずチェックするんですけど必ず“生産者”または“製造者”表示があるものを買うようにしています。そして、製造者(生産者)が地のものの時だけ、買うようにしています。今の時代、物流が良くなっていますから、製造を集約したりするのは当たり前です。でも、自分が買うとなったらせっかくお土産で買っても「他でも買えるよ」なんていうとつまらないじゃないですか。

ちなみにマザー牧場のお土産でお菓子類は全滅でした。全部販売者表示のみ。結局、製造者表示のあったブロックのチーズ(これはマザー牧場の自家製。美味しいです!)とピーナッツ味噌(ちばのお土産系の食品会社で諏訪商店というところが作ってました)を買って帰りました。

幕張の自宅からクルマで約1時間、身近なところで体験出来るまきばツアー、面白かったです。今度はもうちょっと暖かい時に行きます!