幕張の風

So-netブログ「From Makuhari~幕張の風」から移転しました。 仕事のこと、ニュースのこと、音楽のこと、野球はMarinesと高校野球中心に書きとどめたいことを書いて行こうと思います。

再出発。

そろそろ1か月になりますが、私は現在、石川県加賀市に住んでおります。


タクシー運転手として余生を送ろうかとも考えていましたが、世の中は常ならず、どう努力しても増えない収入に比べて、腰肩肘を痛めた身体にはこの仕事は過酷過ぎまして、また営業の職を探しておりました。

でも、こっち(営業で再就職)はもっと世の中甘くないんですよね(笑)

 

半年近く、お祈りメールをもらい続け、数少ないいただけた内定も、タクシーとあまり変わらない収入では変わるほどの魅力はなく、「そろそろ諦め時かな?」と考えておりました。

ところが、営業ではないですが、「本社の仕事でやって欲しいことが沢山あるのですが」とのお声掛けを、ひょんなことからいただきました。

私の生まれ故郷、石川県の企業でした。

実の両親ともそれほど相性の良くない私は、房総で老後は過ごそう・・・と考えておりましたが、母が末期がんの宣告を受け、この4月に手術をしたのです。

 

父よりも先に、母が亡くなると、かなり悲惨な状況が予想されます。ただでさえ、何の家事もしない父です。先日、1年ぶりにあった時も、抗がん剤の治療で弱り切っている母に家事をさせているくらいの人です。そんな状況ですから、いくら子供時代に色々あったと言え、他でもない実の親です。放っておく訳にも行かないでしょう。また、母の最期を看取ることが、もしかしたら出来るかも知れません。

加賀市からは、実家までは多少距離があることも私の判断を後押ししました。同居するとやはり色々厳しいかな・・・と。その為には都合の良い距離感なのです。いざとなればクルマを飛ばせば1時間半で行き来は出来ますし。

 

ただ、現実的にはタクシー運転手時代にまったく貯金も出来ず、その日暮しに近い状態でしたので、現在就職活動中の息子と、息子を一人に出来ないので残ってくれた妻を千葉に残しての単身赴任生活は、金銭的にはタクシー運転手時代よりも厳しいものとなります。

それでも、万一の時に母のところに行くことが出来ることは、何者にも代えがたいかと、考えました。むしろ躊躇う私の肩を、妻は押してくれました。

「後悔のないように決めてね。望まれるということは、何かの縁だから」と。

病気がちで私と結婚してからも家事のほぼ7割方は妻を気遣って私がやっておりましたが、そんな状況でも単身での再出発を後押ししてくれた妻には、本当に感謝しかありません。私の給料だけでは学費を払ってはとても食えませんから、フルタイムで働いて家事もすべてこなして・・・となると、やはり妻の体調は気がかりです。

 

息子は、私とは違って千葉で生まれて千葉で育ちましたから、就職も関東で今後もおそらく関東で暮らすことになるでしょう。妻が加賀市に来るのはおそらく1年ほど先になると思います。

それまでに、私の新しく与えられたミッションを、少しでも前に進めて行ければ。

まだまだ発進したばかりですが、フルスロットルで進みたいと思います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村