幕張の風

So-netブログ「From Makuhari~幕張の風」から移転しました。 仕事のこと、ニュースのこと、音楽のこと、野球はMarinesと高校野球中心に書きとどめたいことを書いて行こうと思います。

鮮度。

最近、買い物に出ると気になっていたものがあります。
調味料は割とケチらずに、味の良いものを選ぶようにしているのですが、その中でもこのレトルト食品のようなパウチパックに入ったお醤油は、気になっていたのです。

鮮度の一滴~ヤマサ醤油ホームページ特設サイト
http://sendo.yamasa.com/top

ヤマサ醤油ホームページ
http://www.yamasa.com/

千葉県と言えば、お醤油の生産は日本一です。キッコーマン野田市)、ヤマサ醤油銚子市)がその双璧でしょう。
個人的な好みの問題ですが、私はヤマサ醤油のほうが味が好きなので、いつもヤマサの製品を使っておりました。
それでも、口の数が少ないのと、週末にしか料理をしないものですから、1リットルのペットで買うと、半年以上持ってしまうのです。お醤油って、開けてから時間が経つと、だんだん味がぼやけてきて最後のほうは我慢して使っているような状況になってしまいます。

味の変化の理由は、酸化だったのですね。正直、私は「鮮度の一滴」サイトを見るまでは、お醤油の酸化なんて考えても見ませんでした。
それでも、買ってからそんなに早く使い切るなんて、普通は出来ないですよね?当然空気にも触れますし日光にも当たるでしょう。
このパウチのパックは、ふたをすると言う発想ではなく、液体の表面張力の応用なのでしょうね。内部に真空状態が保たれていれば、一部が開封されていても外気はそこから侵入しません。

読んでいるうちに試したくなって、買っちゃいました。(笑)

93ddd725.jpg


今日の夕食に、太刀魚の塩焼きがありましたので、さっそくお味見(笑)

お醤油の味というか、お醤油らしさが濃いですね。色は取っても綺麗な赤色で薄い色なのですが、味のほうはしっかりお醤油っていう感じです。

量も500ミリのパックなので、開封後70日鮮度を維持する・・・にも、間に合うかも知れません。

皆さんももしお店で見かけたら、いかがでしょう?お勧めですよ。