読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幕張の風

So-netブログ「From Makuhari~幕張の風」から移転しました。 仕事のこと、ニュースのこと、音楽のこと、野球はMarinesと高校野球中心に書きとどめたいことを書いて行こうと思います。

香ばしい。

今日は、この一つ前のエントリーでカッカ来たこともありまして、ちょっと消費者金融批判派のブログを巡回していました。

そしたら、何とも香ばしいブログを見つけました。弁護士先生様がブログ主のようなんですが、何とも青い青い!

http://yaplog.jp/lawyaz-klub/

一生懸命、消費者金融を批判されていますが、したり顔で、金利を引き下げた結果、借り入れられなくなった債務者がヤミ金に行く、私たちは、こうした債務者の助けになっていたのだと言うのは、厚かましいにも程があります

のくだりには、あまりに香ばしすぎて噴出しそうになりました。へえ、我々がいつ「したり顔」でそんな主張をしましたかねえ?我々は実務経験上のこと、この眼で見て体験してきたことを元に、お話しているだけなんですよ。

実際、最近自殺報道が以前より増えていますが、“サラ金苦”の文字が新聞に踊らなくなりましたのは、何だか情報操作があるように思えます。以前なら借りられたけど、消費者金融が与信引き締めをした結果、「健常者」と言われる顧客層が借りられなくなって、悲惨な選択をしているように思えてなりません。そんなこと報道すれば、今まで大新聞・マスコミ・クレサラ弁護士などが大キャンペーンを張ってきた消費者金融バッシングに綻びが生じますから(笑)。消費者金融の主張が正しいなんてことは、彼らは真実でも絶対認めないでしょうから。

こういう健常者層は真面目ですから、急に借りられなくなったショックは計り知れないです。お偉い弁護士先生は、絶対理解出来ないでしょうが。

この先生も、まあ、一般的にいう“苦労”も知らずに先生呼ばわりされるお仕事に就かれたのでしょうから、色々なものの真実が見えないのは判ります。そのうち、正しい心をお持ちなら社会経験を詰まれることによって段々真実が見えてくるとは思いますけど。

所詮はこの弁護士先生にも蔑まれる元・金貸しの私から一言言わせていただくとすれば・・・

プライベートでこういう論陣張るなら、コメント欄とTB欄くらいは、開放しましょうよ。

変な弁護士さんのブログって、皆一様にコメントもTBも、承認制なんですよ。私がいつも読みに行っている弁護士さんのブログはそんなことないですけど。

7/15追記:件のブログですが、やはりというか私の送信したTBは全件拒否でした。ご自分の意見発信ブログだからまあ良いっちゃ良いんですけど、私的ブログとは言え弁護士であることを公表して書いているブログですから、本気でそう信じるならちゃんと異なる意見も受け入れて欲しいですね。この辺でもこの弁護士の力量を垣間見ることが出来ますが。

気になったのでこの弁護士をもうちょっと調べて見ました。すると、あの光市母子殺人事件で、ネット上で原告の弁護団に懲戒請求をしよう、という運動が拡がりましたが、その動きに反発しているようですね。

http://yaplog.jp/lawyaz-klub/archive/2344

法曹という世界に胡坐をかいて、一般人の感覚をロスしていくと、ちゃんとした法の解釈も出来なくなるんでしょうね。弁護士は誰の為にあるべきか・・・その根本をこの弁護士も忘れているようです。だから消費者金融に対しても、おかしな主張をしてくるのでしょう。

私はこの一件で“エロ弁”橋下弁護士)見直しましたよ。