読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幕張の風

So-netブログ「From Makuhari~幕張の風」から移転しました。 仕事のこと、ニュースのこと、音楽のこと、野球はMarinesと高校野球中心に書きとどめたいことを書いて行こうと思います。

今年も。

子育て・家族

息子の通う高校の、授業公開に参加して来ました。

昨年は、こちら。

makuhari-windy.hatenablog.com

「育友会」という在校生・OBの会の総会の日に合わせて5月、そして父兄の面談と合わせて11月に予定をしてくれているそうです。

去年は初めて参加ということもあり、あまり学校の状況も分かりませんでしたが、1年以上経つとそれなりに理解出来ますね(笑)私の母校・習志野高校は普通科と商業科、そして定時制のある学校でしたので、普通科の単科高校よりは色々変化に富んでいて面白かったとは思うのですが、稲毛高校は付属中からの生徒に国際教養科という異常に成績の良い子たちと一緒の環境で、これはこれでまた面白いところがありそうです。

1年生はクラス分けが違う程度でしたが、2年生はまず修学旅行が違います。国際教養科は“異文化を理解する”ということを目標に掲げて、2年次に短期ではありますが全員が海外でのホームステイを経験するのです。それがちょうど修学旅行のタイミングで、息子の外進生・普通科は京都・奈良に3泊4日という何とも投げやりなスケジュールに対し、国際教養科は同じ日にスタートするものの2週間海外のホームステイを体験することになります。
「内進生」と呼ばれる中学からの進学組は、これもまた全員でホームステイに出掛けます。国際教養科とは行き先を変えますが、こちらも全員参加ですね。
こう書くと何だか外進生普通科がみじめですが、それでも20名程度、希望し面談の結果資格ありと判断されると、ホームステイに参加することが出来ます。
私は元々留学には否定的なのですが、現在の高校生は与えられることにしか慣れていませんので、強制的に参加というのも悪くないかも知れません。

今回は、授業公開とその後の学級懇談に参加しましたけど例によって父親の参加は私だけ。担任の先生が男性で救われましたよ(笑)息子に聞くと、この先生は保健体育担当で厳しいと評判とのこと。でもお会いした感じでは私は誠実で良い人だと感じました。但し、IT系はまったくダメっぽいですけど(笑)

懇談会の話題で出てきたのは、学校からの印刷物を渡さない子供をどうしたら良いかということと、連絡網のこと。連絡網は千葉市の方針で、個人情報の流出に繋がるということでまったく配布はされませんが、震災後の余震や計画停電などで学校へ行けるのか行けないのかの判断が出来なかったこともあり、今後については方法を検討した上で何かの形で作成して通知する・・・ということになりました。

子供が印刷物を渡さないっていうのは、うちだけじゃなかったのですね(笑)息子もよく忘れて、学校への提出期日直前にしわくちゃになったわら半紙を持ってきて「これ明日提出だから、書いて」って言うことが多く、その度に息子は私にお目玉を食らっています。なんででしょうね?私たちの世代では、余程家庭に事情がある子でもない限り、学校で渡されたものはすぐ渡す子ばかりだったのですが・・・。

それと、女子の髪の毛、染めちゃいけないはずなのですが、ほぼ100%染めてますよね。黒髪の子が一人も居ないはずないでしょ(笑)スカートは短いし、その割にはだいぶ暑くなっているのにカーディガン着たままだし(多分シャツだと下着が透けるのが嫌なのでしょう)、格好が皆同じなのには何だか逆に不安を感じましたよ。
高校生ぐらいまでは髪の毛も染めずに化粧もせずに、普通に過ごして欲しいと思うのが、時代遅れなのでしょうか?

比べてはいけないのですが、母校・習志野吹奏楽部の女子は、何だか安心してしまいます。スカートも膝下10センチ、髪も自然のまま、もちろんすっぴん。ひたむきに打ち込むものがあると、そういうことに関心が行かなくなるって典型です。息子にどっちを体験して欲しいかって言うと、今さらですが進学より部活での体験を選んで欲しかったというのが、偽らざる私の希望です。

でもまあ、自分の人生は自分で選ばせないと。

そうそう、個人情報保護のために、ホームページでアップする行事の写真に顔が出ても良いか・・・云々の手紙を学校からもらいました。それも保護者向けにパスワードを設定して、それを入力しないと見られないようになっているのに、アップする写真は同意のある生徒が写っているものに限定したそう・・・。

市立稲毛高校 ホームページ
http://www.inage-h.ed.jp/index.html
※下のほうの新着情報に案内がありますが、パスワードが必要なのです

個人情報保護も良いですが、先ずは個人情報にどの程度の価値があるのか、そういうことも念頭においてほしいと思う今日この頃です。個人情報の保護が、都合悪いことを隠蔽する口実になりそうで、私は何だか嫌いなのですよ。個人の情報が、ストーキングなど犯罪に使われる可能性が一体どの程度なのかと。悪用されても対処の方法はいくらでもあるって、思うのですけど。

余談ですが、稲毛高校のグラウンドは、地震で深さ30センチほどの割れ目が一直線に走り、真っ二つになりました。それでも春休み中に復旧し、始業式には間に合ったそうです。そんなことで予算を使い切ったのか(笑)今年は冷房使用が難しいとのこと(笑)さすが、貧乏千葉市(笑)市の財政規模の割に再開発の手を拡げすぎたツケですね。
VPS


ブログランキング・にほんブログ村へ