読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幕張の風

So-netブログ「From Makuhari~幕張の風」から移転しました。 仕事のこと、ニュースのこと、音楽のこと、野球はMarinesと高校野球中心に書きとどめたいことを書いて行こうと思います。

僕は。

僕は寒い日が好きだ 振り返り 躊躇う気持ちに押し潰されそうなときも 瞼を凍らせる冷たい風が頬を刺し 立ち向かう気持ちを 奮い立たせてくれる 僕は寒い日が好きだ 押し寄せる逃げる心に 流されそうになっても 白く染まった地平を覆う冷気が 赤い肌を包みこ…

届かぬ祈り

夜空に遠く 瞬く輝き 空一杯に 滴り落ちて 瞳に溢れる 光の砂は 手に届くほどだったのに あなたの瞳に 映る姿の 僕は地を這う 影法師 あなたを照らす 明かりが増すほど 砂はするりと 闇の彼方へ 秋の夜空に 瞬く光は 空一杯に 滴り落ちて 幼い僕にも 届くほ…

黄色の夢の中で

朝7時56分の 津田沼駅いつもと同じ場所で待っている僕が並ぶと うつむき加減に振り向く君きっと君も 僕を見てる心の中で 今朝も「おはよう」 ホームへ滑り込む 黄色い電車君を見つけたその瞬間(とき)から朝の時間が 僕の大事なイベントさ今朝も会えたね …

黙示録 PartⅡ

陰鬱の闇の香りの中 張り巡らされた精神の導線照り付ける日差しが 背中に重く圧し掛かる荒れ果てた地平は 野火に焼かれ立ち込める煙は 行き場なく闇に膨張する 外へ出るも出ないも自由だ 放射能の雨 死の灰漂う 憎しみの世界へお前は何を見る お前は何が出来…

閉ざされた安らぎの中で

雨に煙る ビルの間から 聞こえてくる 溜息が 溢れてる 空を舞い終えて帰ってくる雫達に 「お帰りなさい」も言えない ビルの谷間を 覆い尽くすほど 包み込む雨を みんな自分の気持ちを歌ってくれるのだと 思ってる (みんな 溺れているから聞こえないんだ 自…