幕張の風

So-netブログ「From Makuhari~幕張の風」から移転しました。 仕事のこと、ニュースのこと、音楽のこと、野球はMarinesと高校野球中心に書きとどめたいことを書いて行こうと思います。

幸先良い。

SONIC-西口の先発で始まった今日の試合、初回の満塁のピンチを併殺で切り抜けた後、今日スタメンの小坂のスリーベースを皮切りに幸一の犠飛で先制すると、スタメン復帰の福浦、サブローとヒットで続き、まさしく「ピンチの後にチャンスあり」なんだなあ、などと思う暇もなくテレンコフライで「やべー、これで1点だったら」という不安が頭を過ぎりました。


今日のマリン 先発発表

ここ3試合ヒットなしの今江、しかも2ストライク追い込まれるまでまるで打てる感じがしない空振り。
でも、ここでの今江はGood Job!でしたね!何とかしたいという気持ちでライト前に落としたタイムリーで2点を追加。この時点で私は今日の勝利を確信してしまいました。
食い下がろうという気持ちがあっても、うまく打球が野手の前に落ちるって、そうそうないことです。気持ちが入っているか、しっかり振り切っているか、どちらかでないとそういうヒットは出ません。相手だって打たれたくなくて必死なんですから、それを上回る気力と運も勝利には必要です。

西口の調子もここのところ下降気味なのも助かりましたね。この後スンちゃんにも一発が出て、西口を4回途中でKOすると5回にも今江の併殺崩れの間に追加点、今日のSONICにはこれで充分すぎる援護でしたね。この併殺崩れはサブローの走塁ミスがあって、ちょっといただけませんでしたが、きっと次は修正してくれると思います。

しかし、10勝以上の投手が5人も居るなんて、すごいですよね。ここまでのチーム成績は防御率・総得点・打率など本塁打以外の項目ですべてホークスよりマリーンズが上回っています。
これで2位なのはやっぱりおかしいでしょう?是非、1位通過で行きましょう。

バファローズがナイターでホークスに勝ってくれました。マリーンズに連敗し、厳しいかな?と思っていましたがちゃんとホークスには勝ってくれるなんて、とてもいいチームですね!(シーズン当初はホークスにばっかり負けてマリーンズに勝っていたので、恨んでました)

タイトルで「幸先良い」なんて書いちゃいましたが、実を言うと私の今考えている「一番ありえそうな結果」というのは「両チーム同率首位」なんです。
今日の結果でその可能性がより高まりましたね。本当は1位通過で第一ステージの勝者をマリンで迎え撃つのがベストですが、今年の成績ではマリーンズとホークスの一騎打ちにしたほうが、良いと思いませんか?いくらルールとはいえ5割にも満たない勝率で、日本シリーズまで行けちゃう可能性があるなんて、おかしいですよ、絶対。